企画展示室(常設展)

プラズマ浄化バイオ燃料スーパークリーンボイラシステム


プラズマ浄化バイオ燃料スーパークリーンボイラシステム

工学研究科・機械系専攻
教授・大久保雅章,准教授・黒木智之,客員研究員・藤島英勝

共同研究者(所属/氏名)
株式会社髙尾鉄工所/髙尾真司,大塚馨一,田中 敦

 科学技術振興機構(JST)研究開発資源活用型事業により,大阪府立大学/髙尾鉄工所が共同で製品化に成功した『プラズマ浄化バイオ燃料スーパークリーンボイラシステム』によるエコ給湯/再生可能エネルギー小型発電のデモンストレーションを行います。都市ガス,重油,廃油,廃食油の高効率燃焼を実現し,NOx排出 1 ppm,CO2排出50%削減を実現します。エコと廃油処理を必要とする事業者に直ちに供給可能です。

 ◆想定される用途
・NOx<1ppmで大都市ホテルなど世界中に設置可能
・ガス・廃油複合利用でエコ給湯/燃料費50%節約
・工場排気の地球温暖化ガスを分解しエコ給湯を実現
・工場での廃蒸気利用による再生可能エネルギー発電

 

  • 2012年5月11日 更新
他の場所で共有する

企画展示室(常設展)へ戻る

先頭へ戻る