南大阪3(堺市美原区エリア、城之山エリア) ~教員養成系の模索~

大阪青年師範学校を母体とした
教育学部等の設立と廃止

城之山に設置された大阪青年師範学校

城之山に設置された大阪青年師範学校

浪速大学農業短期大学部の実験風景

浪速大学農業短期大学部の
実験風景

かつて浪速大学農業短期大学部の校舎があった場所

かつて浪速大学農業短期大学部の校舎があった場所。(現・大阪府立農芸高等学校の敷地)

第2次世界大戦前には、中等教育課程に進学せずに働いていた青少年を対象とする
実業補習学校が多く存在していた。

これらの学校は後に青年学校として組織され、青年学校教員を養成する機関として1935年(昭和10年)に大阪府立青年学校教員養成所が置かれた。1944年(昭和19年)に師範学校令が改定され、旧制の専門学校に相当する大阪青年師範学校が堺市に設置され、実業系の教員の養成にあたった。

戦後、青年学校が廃止されたため大阪青年師範学校は府に移管され、浪速大学教育学部としての存続が決まる。しかし、工業や農業の教員養成は浪速大学の工学部、農学部でも育成可能なこと、また設備の脆弱さから教育学部としての存続の意義を問われ、わずか5年で廃止された。また、1954年(昭和28年)に新設された工業と農業の短期大学も、後に廃止されることになった。

南大阪2へ
南大阪4へ

大学史トップに戻る

先頭へ戻る