大阪市内2(大阪市天王寺区エリア、大阪市住吉区エリア)~社会福祉・医療分野の源流~

専門職育成の短大や大学と統合しながら、
大阪府立大学は地域貢献型の総合大学へ。

大阪社会事業短期大学夕陽丘キャンパス

大阪社会事業短期大学夕陽丘キャンパス。

大阪府立看護短期大学があった帝塚山キャンパス

大阪府立看護短期大学があった帝塚山キャンパス。

大阪社会事業短期大学は、戦後の復興まもない大阪の福祉分野を担う人材育成のために
1950年(昭和25年)に大阪市南区に設立された。

翌年東区森之宮に移転し、1959 年(昭和29 年)には天王寺区の夕陽丘キャンパスに移転する。当時は福祉系の短大は画期的であったが、次第に4年制への要望が高まり、大阪府立大学と統合して社会福祉学部という新しい学部として誕生することになった。

大阪府立看護短期大学も、1978年(昭和53年)に大阪市住吉区帝塚山に短大として設立されたものの、看護師の学術的なレベルアップをする上でも大学にする必要性が生まれ、2003年(平成15年)に4年制大学に移行。2年後には大阪府立大学と統合した。

福祉、医療分野での高度専門職業人の育成を担うことで、大阪府立大学は地域貢献型大学としても大阪府民の期待に応えていくことになる。

大阪市内1へ
大阪市内3へ

大学史トップに戻る

先頭へ戻る